鏡トナリの現体制最後のライブを見てきました。

ãé¡ãããªãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

こんばんは!

りーちです。

最近は変わらず仕事が忙しく軽く呟くだけの毎日になってしまい全然こちらが更新できてなかったです。

 

さてそんな中ですが、最近題名にもありますように

"鏡トナリ"

というバンドの現体制最後のライブを見てきました。

 

詳しくいうとベースとギターの方が脱退されるということなんですけど、

そもそも"鏡トナリ"豊橋のロックバンドで地元では絶大な人気を誇り、全国でも知名度のあるバンドです。

僕も三河地方出身でもちろん大好きなバンドで、目標としていたバンドの一つでした。

ご本人たちは覚えてないとは思いますけど昔やっていたバンドで共演させてもらったこともあります。

"鏡トナリ"はメンバーの方一人一人が個性立ちしているバンドでして個人単位でも有名なバンドなので今回の脱退発表には本当に多くの方が驚かれたのかなと思います。

当日のフライヤーは下記ですね。

f:id:reach4010:20170830231716j:plain

場所は"鏡トナリ"の本拠地豊橋クラブノットでの開催でした。

 

まずO.Aで"NOSE GRIND"でしたが、この日唯一の同郷豊橋出身のバンドで魂こもったライブしてました。ほんと。

 

後輩代表という言葉をMCで連発されてましたけどその中から"鏡トナリ"がどれだけ地元のバンドマンのヒーローで愛されて、尊敬されてるのかがすぐわかりましたね。

またそんな豊橋バンドマンの意思を受け継いでいる、"NOSE GRIND"豊橋からどんどん活躍の場を広げていってくれるでしょうね。

 

次に登場したのが"waterweed"です!

 

実はこのバンドは僕、昔から知ってたんですけどなかなかタイミングが合わず見れてなくてずっと見たかったバンドなんで最高でした。

ほんとかっこよかったです。

疾走感のある楽曲が中心なのですが、どことなくその中に大人の色気、渋さを感じられるバンドで男が惚れるバンドだなと思いました。

なんかほんといぶし銀って感じでした。

MCで笑いとかとってましたけど多くを語らずみたいな感じで個人的にはスタイルも含めてかっこよくて終始テンション上がりました。

3ピースってのがまた渋いですよね。

海外とかでもライブをやってるみたいで(この日の前はインドネシアにいたらしいです)実力派って感じがバシバシでした。

今有名になっているバンドも慕っている人は多いようです。

またみたいバンドです。

 

さあ、続いてみたのは"Survive Said The Prophet"です。

 

いわゆる通称"サバプロ"です。

僕は基本的にライブ行く前にアクトを確認してみたことあるバンドはある程度の成長を想像して見に行くんです。

でもちろん"サバプロ"も以前から何度もみたことがあって今回久しぶりに見たんでですけど、

すいません。少しなめてたみたいです。

完全に度肝抜かれました。

僕が知っているサバプロの1億倍くらいかっこよくなってました。

なんか上から目線で申し訳ないですけど本当にかっこよかったっていうのを伝えたいのでわかってください。

ライブがステージを通して非常にドラマチックで見ていて非常に気持ちよかったです。

何か悪いものがとれたみたいでした。

以前の"サバプロ"で止まってる僕みたいな人は見に行った方がいいですよ!

新譜は一緒に見に行ってた弟と買うことに決定しました。(笑)

また、"サバプロ""鏡トナリ"とは親交が深い様子で本当感動的なライブでした。

最後のMCは涙を誘いましたね。

 

そしてメインアクト"鏡トナリ"の登場ですね。

 

 

本当にいつも通りに、いつも以上に当然のようにかっこいいライブでしたね。

会場はソールドしてたんですけど普段ライブハウスにはこないんだろうなっていうような人達も当日は会場にいたりして本当に地元で愛されてるんだなと改めて感じました。

ライブ中は意外にもサークルとかダイブとかは起きてませんでしたけど盛り上がりは本当にすごかったです。

あの空気は現場にいた人たちにしか味わえない空気ですね。

今後はボーカルとドラムの方で新生"鏡トナリ"としてやっていくようですが、

ドラムは愛知県でドラムをやっている人で知らない人はおそらくおらず、また自分を含めこの世代みんなが憧れているドラムヒーロー、シャーDさんですし、(面識ないのにすいません)

ボーカルのいっぺーさんは本当に豊橋のバンドがみんなお世話になっいて、憧れであると口をそろえていっているのを聴きますし(僕自身あんまりバンドの知り合いいないのが申し訳ないです)、

自分たちが共演させていただいた時もほんとに駆け出し中もいいとこのバンドだったんですがちゃんとライブを見てくださって、アドバイスくれるようなかっこいい人でした。

そんなお二人が残られるので今後ますます期待ですね。

 

 

地元も近くずっと好きなバンドでしたので今回は記事書かせていただきました。

あくまでも個人的感想なので気分を害された方はごめんなさい!

今後もライブレポっぽいのやっていこうかなと思います。

 

りーちでした。