今の日本で押さえておくべきメタルコア、ポストハードコアバンドって?第1弾

ãfoadãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

こんにちは!

りーちです。

さすがに少し寒くなってきましたね。

僕も長袖おろしました。

それにしても最近ヘイトが溜まり過ぎております。

こんなときこそブレイクダウンを聴いて本気出していきたいものです。

日々のストレスを発散させていきましょう。

人間心のバランスを保つことが大切です。

 

さて!

今回は題名の通りなんですが、最近各種大きフェスやイベントにラウドバンドの出演が増えてきました。

"Crossfaith""coldrain""SIM"といったバンドを知っている方が非常に増えてきたと思います。そんな中で今ライブハウスではどんなバンドが来ているのか聞かれることが多くなってきました!

個人的には大変うれしいことでございます。

また、業界的にも非常にいい流れが来ているなと感じます。

そこで、今回は私の得意なジャンルに絞って(メタルコア、ポストハードコア)今ノッているバンドを紹介していきたいと思います。

ほんとは自分で紹介したいバンドはほんとに多いんですけど今回はなるべく客観的な目をもって自分が現場で感じた空気をもとに紹介させていただきたいと思います。

 

まず初めに紹介させていただきたいバンドは

"Foad"

です!

 

バンド好きの方の中には、ご存知の方も多いとは思います。

彼らは2012年に横浜で結成され、

今や間違いなく若手No.1を争うポストハードコアバンドの一つだと思います。

各種のおおいきいイベントに加え海外ではあの"While She Sleeps"台湾公演のサポートを務めました。

僕自身も本当に好きで何度もライブに足を運んでいます。

そんな彼らの楽曲ですが、

今のこのシーンに珍しくほとんど同期を入れておりません。生音で楽曲を演奏します。

ほんとにギター1本?と思うような重厚なサウンドに時に力強時にメロディアスなシンガロングは一度見たら圧倒されること間違いなしだと思います。

また、年齢錯誤さのかと思わせるほどのステージパフォーマンスに見ている方は心奪われること間違いなしかと。

所属は日本ラウド界の大名門TRIPLE VISIONでございます。

まあ、とにかく現場に足を運んでいただいて、その目で確認していただくしかないかと思います。

もっとFoadのことを知りたい方はこちらのインタビューにも詳細が結成されていますので是非見てみてください。

gekirock.com

音源については下記からどうぞ。

僕はもちろん買いました。 

saturation EP

saturation EP

 

 

さあ続いて紹介しますのは、

"Paledusk"

です!

 

こちらも今大注目の若手ポストハードコアバンドです。

上記の"Foad"も若手ですが更にこのバンドのが若いと聞いたことがあります。

しかし、楽曲のレベルは若さに比例してません。めちゃめちゃかっこいいです。

このバンドは同期も使用していますが、あくまで味付け程度の使用に収まっていますね。

このバンドも曲の展開自体はそんなに複雑ではないのですが、フレーズごとのクオリティの高さは年齢ウソついているじゃないかなと思います。

また、"Foad"同様に非常にステージングが上手で、堂々としたライブを行う印象です。

どれだけの場数をこなしてるんだよ!と思います。

もちろん、まだまだ伸びていくバンドなので見るたびにレベルアップしているわけですが。

そして、そこに加えて、マーチがオシャレ!これはマジで要チェックですよ。

これに関してはファンのみなさんはありがとうございますというしかないですね。

そんな彼らですが福岡出身ながら驚きのフットワークの軽さを発揮しています。

僕も名古屋ですがほんとにこの夏、彼らのライブ結構数みたなーって思います。(笑)

彼らも韓国でのライブを成功させており国内外から人気の高いバンドです。

マーチも含め必ず現場で見ることがマストなバンドです!

最近メンバーチェンジもありましたが前進し続けているようなのでみなさんも目を離さずに!

彼らをもっと詳しく知りたければ下記の記事をどうぞ!

gekirock.com

ボーカルの方と僕の好きなラッパーがかぶりすぎてて個人的に上がりました(笑)

音源は下記からどうぞ。

War Declaration

War Declaration

 

加えて、 最近公開されたライブ映像も激熱ですよ。

そら人気出るわって思いました。(笑)

 

さて!

今回は、注目でマストチェックの2バンドを紹介させていただきましたが、上記の記事にも書かせていただいたようにぜひ、皆さん気になるバンドがあれば現場で確認をお願いします。

またそこから新しい音楽との出会いも広がる可能性もありますし、バンドへの助けにもなります。

ぜひ、お願いします。

 

りーちでした!