今押さえておくべき音楽教えます。 これであなたも音楽通

主観的な感性にて足と時間で仕入れた今来ているバンド教えます!このブログ見るだけであなたも音楽通です!

"Crossfaith"のイベントで来日"In Hearts Wake"ってどんなバンド?

ãin hearts wakeãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

こんにちは!

りーちです。

最近花粉症がほんとにヤバいですね。

会社の中とか見てると風邪なのか花粉症なのかわからないぐらいツラそうな人もいますし。

また、皆さんも新年度がはじまって色々環境が変わってきているころだと思います。

そろそろ新しい仲間はできたでしょうか?

僕の会社は新入社員が11月まで部署に配属されないので新入社員と会うことなく会社を去ることになりそうです。(笑)

 

さあ!

そんなこんなで、今回は表題にもあるように"Crossfaith"のイベントで"Enter Shikari"と、ともに来日が発表されているポストハードコアバンド"In Hearts Wake"についてご紹介していこうと思います。

 

"Crossfaith"についての詳しい記載は以前の記事を御覧ください。

 

reach4010.hatenablog.com

以前の記事でも紹介をさせていただいているように近年"Crossfaith"が自身の開催する"ACROSS THE FUTURE"というイベントで海外の有名バンドを日本に招待してイベントを行っております。

今年は"Enter Shikari""In Hearts Wake"の2バンドが発表されております。

"Enter Shikari"はバンドとしてのキャリアも長く知っている方も多いのではないでしょうか?

イギリス出身のポストハードコアバンドですね!

 

そして!

今回紹介する"In Hearts Wake"とは2006年にオーストラリアで結成されたポストハードコアバンドになります。

日本デビューをしたのが2015年なので日本での知名度"Enter Shikari"程ではありませんがしっかりとキャリアのあるバンドです。

当時のバンドのインタビューは下記にて!

gekirock.com

そして、メンバーはこちら

Scream. Jake Tyler(ジェイク テイラー)

Gt. Eaven Dall(イーブン ドール)

Gt. Ben Nairne(ベン ネアーン)

Ba&Clean. Kyle Erich(カイル エリック)

Dr. Conor Ward(コナー ワード)

の5人編成のバンドとなっております。

何度かメンバーチェンジは行われているようで現体制になったのは2017年のようですね。

 

そんな彼らの楽曲ですが、正統派のオージーハードコアといった感じですですね。

コアミュージックの初心者の方からも聞きやすいような楽曲が多いです。

また、壮大な楽曲の作成はバンド自体でのコンセプトでもあるようで、上記のインタビュー記事にもありますが、「自然をテーマにしたメタルコアを意識した活動を展開しているようですね。

MVでの作成にもそのこだわりが随所に感じることができます。

これからオージーコアを掘っていくような方たちには入口になるようなバンドではないでしょうか!

 

一番直近で発表された楽曲も今までのコンセプトから脱線することない彼ららしさ満載の楽曲になっております。

上記PVでも感じていただけるかと思いますが、本国での人気は圧倒的なバンドです。

ライブもアグレッシブな感じでいい空間になっていますね。

そんな彼らの楽曲は下記からチェックしてみてください!

Ark

Ark

 

 

Skydancer

Skydancer

 

 彼らはバンド自体でのコンセプトを崩すことなく時代に流された音楽を製作ではなく、一貫した信念のもと活動を続けていっているバンドです。

バンド自体が作品ごとにガラっと色を変えることが多い今の時代においては非常に珍しいバンドではないかなと個人的には感じております。

バンド自体が変化することは全く悪いとは思いませんし、毎回ワクワクすことも多いです。

しかし、彼ら"In Hearts Wake"のようにいい意味で安定感のあるようなバンドもいいのはないでしょうか!

さて!

そんな彼らが今回の来日で出演するイベントの詳細がこちらから確認できます!

acrossthefuture.com

実は彼ら来日自体は初めてではありません。

"Crystal Lake"のイベントに当時出演していた記憶があります。

ちなみに、当時自分はそのライブ見に行っておりますね。

また、今回も日本のサポートアクトは"Crystal Lake"です。

このメンツが揃ってしまえば、イベント自体は間違いないでしょう。

 

当時からかっこよかった彼らをこの度再度その目で確認したい方、このブログを見て興味が出た方、今回の機会に足を運んでみてはいかがでしょうか!

レベルアップしていることは間違いないかと!

 

以上

 

りーちでした!